田野瀬さんは、不動産オーナーと話していました。
だからこそ、オンラインのサシ飲みで、収入に繋がるのではと期待する気持ちを強めます。
いつものように、魅力的な笑顔を出しながら、相手の男性の話に耳を傾けていきました。
大変にこやかな表情で、私とのお酒を楽しんでいるのが伝わってきます。
「コロナがなくなったら、君の店に行きたくなるね」
「本当ですか?嬉しいです」
「今仕事は、どうなっているんだい?」
「感染症の影響で、お店は休業中なんです」
瞬間、ここでさりげなくアピールしなければいけない、そう思いました。
「だから、収入消えちゃって困っちゃって」
少しだけ寂しそうな表情を見せたあと、また魅力的な笑顔を相手に見せていきました。
「大学生活も大変か?」
「お仕事がないと、大学の続けられません」
暗くならないように、それでいて寂しさをちょっと出しながらの演出に心がけていきました。

 

 田野瀬さんと、1時間半程度お酒を楽しみました。
支払いの話も相手から出なかったため、今回は駄目だったかな?
ちょっと諦めの境地だった頃のことです。
「収入がないと大変だろう。少しだけ支援してあげるよ」
そう言って、2万円を電子マネーで支払って貰えてしまったのです。
「それとさ、また時間のある時付き合ってくれるかい?その時も、ちょっと支援しようか」
お金恵んでくれる人のこの言葉に、素直な笑顔が出てしまったのでした!

 

 お酒を飲んで、お金を恵んでくれる人を発見できました。
美乙が教えてくれたことは本当だったのです。
オンラインで収入が得られる時代。
1人の男性と、継続した関係まで作れました。
複数の男性と仲良くなれれば、それだけ収入が膨らみます。
期待するなにかを感じさせるのがパパ活アプリです。
大学生活や、私の生活を守ってくれる人との出会いがまだあるかもしれません。

定番アプリ女性は完全無料

お金恵んでくれる人を探すなら迷わずコレ!